兵庫県明石の酒類通販「江井ヶ嶋酒造」。ウイスキー蒸留所についてご紹介いたします。

酒通販 刻の酒蔵TOKI NO SAKAGURA
  • ホーム
  • サイトマップ

HOME江井ヶ嶋酒造のすべて > ウイスキー蒸留所

ウイスキー蒸留所

ウイスキー蒸留所

大正8年(1919年)にウイスキー製造免許を取得し、日本のウイスキーの歴史と共に歩んでまいりました。
ウイスキー原酒は麦芽から造るモルトと、穀類から造るグレーンの2種類あります。
ホワイトオーク蒸留所はモルトを中心にシングルモルトとブレンデッドを製造しており、モルトの香りも高くモルトウイスキー本来の味わいを楽しめます。

ウイスキー蒸留所

ウイスキー蒸留所

昭和59年(1984年)に新ウイスキー蒸留所として竣工いたしました。
当蒸留所はスコットランド地方の様式を取り入れた造りで、明石の小さな蒸留所で、地ウイスキーメーカーとして頑固に造り続けています。

蒸留までの工程

1.糖化

原料の麦芽を破砕し、温水を加え糖化を行います。
麦芽

2.濾過

糖化された破砕麦芽の液(マッシュ)を濾過槽(ロイター)に
送り濾過を行います。
ロイター(濾過槽)

3.酒母造り

濾別した麦芽糖化液に純粋培養されたウイスキー用酵母を
添加し、培養し酒母を作ります。
酒母

4.醗酵

濾過した麦芽糖化液を醗酵タンクへ送り、酒母を添加し、
醗酵させます。
醗酵タンク

ポットスチル、ウイスキー原酒

ポットスチル

醗酵終了後の醪(もろみ)を初留釜に入れ、蒸気で熱し沸騰させて蒸留します。初留液のアルコール分は約30%になります。
初留液をもう一度再留釜で蒸留します。最初に出てくる低沸点成分は除去し、その後に出てくる中留区分のみを取り出します。再留でアルコール分は約70%になり、無色透明のウイスキー原酒(ニューポット)ができあがります。

貯蔵樽

ウイスキー樽貯蔵庫

できたてのウイスキー原酒は無色透明で、オーク樽で貯蔵熟成され、琥珀色と独特の香りのウイスキーになります。
ホワイトオークウイスキーは最低でも3年、長いもので8年以上貯蔵します。
長く貯蔵すればするほど香りの良いものができます。

テイスティングルーム

テイスティングルーム

ウイスキー蒸留所内にはテイスティングルームがあります。
工場見学にお越しいただくと、きき酒や試飲などがお楽しみいただけます。


工場見学はこちら

ページ先頭へ