兵庫県明石の酒類通販「江井ヶ嶋酒造」。七つの木造蔵についてご紹介いたします。

酒通販 刻の酒蔵TOKI NO SAKAGURA
  • ホーム
  • サイトマップ

HOME江井ヶ嶋酒造のすべて > 七つの木造蔵

七つの木造蔵

七つの木造蔵

当社初代社長のト部兵吉は、明治21年(1888年)に江井島地区の酒造業者に呼びかけ、
江井ヶ嶋酒造株式会社を設立いたしました。
同じ敷地内で7つの木造蔵があるのは日本でも珍しく、現在もなおそれぞれが別の役割を持っていますが7つの蔵すべてが使用されています。
酒蔵の特徴としては、窓が少なく壁が厚い構造のため外気の影響を受けにくく、室温を一定に保つことができ、酒造りや貯蔵熟成に適しています。こちらでは、その7つの木造蔵についてご紹介いたします。
また酒蔵見学も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

一番蔵

一番蔵

明治22年(1889年)竣工
当社が所有する蔵の中で最も古い蔵。
昔は清酒造りで使用されていましたが、現在は清酒以外の酒類を製造しています。

二番蔵

二番蔵

明治24年(1891年)竣工
焼酎、ウイスキーを貯蔵する蔵。
貯蔵熟成に適した木造蔵で長期間貯蔵します。

三番蔵

三番蔵

明治25年(1892年)竣工
清酒を貯蔵する蔵。
しぼった原酒を熟成させるため蔵で貯蔵します。

四番蔵

四番蔵

明治29年(1896年)竣工
醗酵を終えた醪(もろみ)をしぼる蔵。
しぼり機で原酒と酒粕に分けます。

五番蔵

五番蔵

明治43年(1910年)竣工
清酒の仕込みを行う蔵。 四季醸造(年間醸造)は行わず、酒造りに適している冬の時期に仕込みを行います。

六番蔵

六番蔵

大正7年(1918年)竣工
清酒とみりんの貯蔵蔵。
平成9年10月より放送された、NHK朝の連続テレビドラマ「甘辛しゃん」のロケ地にもなりました。

七番蔵

七番蔵

昭和34年(1959年)竣工
清酒を貯蔵する蔵(冷房貯蔵蔵)。

ページ先頭へ