兵庫県明石の酒類通販「江井ヶ嶋酒造」。山梨ワイナリーについてご紹介いたします。

酒通販 刻の酒蔵TOKI NO SAKAGURA
  • ホーム
  • サイトマップ

HOME江井ヶ嶋酒造のすべて > 山梨ワイナリー

山梨ワイナリー

山梨ワイナリー

きらめく陽光、透明な大気。
日本のボルドーと呼ばれる山梨県白州地方の広々とした丘陵、近くに駒ヶ岳、八ヶ岳を望むシャルマン山梨ワイナリーは、昭和38年(1963年)に竣工し、ワイン造りを続けています。

自社農園

自社農園のぶどう

シャルマン山梨ワイナリーは、自社農園でぶどうの栽培からワイン熟成まで取り組んでいます。
純欧州系高級品種のワイン専用ぶどうを栽培して42年、除草剤や化学肥料を使用せず有機肥料のみを使用して安全なぶどうを栽培しています。

造り手の声はこちら

破砕作業

破砕作業

ぶどうの房の茎である果梗(かこう)を取り除き、果実を砕き果汁を取り出します。


圧搾作業

搾汁機

白ワイン
破砕した果実を圧搾して果汁を取り出します。
最初の果汁をフリーランジュースといい、
当ワイナリーではこの一番搾りの果汁のみをワインに使用します。

赤ワイン
完全醗酵終了後に圧搾します。

醗酵

醗酵

白ワイン
酵母を加え17℃前後の温度で20〜30日間、低温で醗酵させます。

赤ワイン
皮、種子のまま醗酵タンクに入れ、高温から低温で醗酵させます。
醗酵が完全に終了してから圧搾します。

貯蔵

ワイン貯蔵タンク

醗酵が終了したワインは、まだ清澄していないので当社では急激な処理をせず、 1〜3年かけて樽または地下タンクでゆっくりと貯蔵します。
その間も年に1〜2回オリ引きを行いワインが酸化しないよう注意します。

熟成

ワイン貯蔵庫

オリ下げが終了してワインに透き通った輝きが出てきたら瓶詰めを行います。
当社では1〜3年、瓶貯蔵で熟成させます(特別限定ワインは10年〜20年貯蔵します)。 長期ビン貯蔵で高分子化され、高級アミノ酸が発生して味が整い、
多くのミネラルとポリフェノールが重合し、効果が倍加されて体にやさしいワインとなります。

ページ先頭へ